TOPページ > 基礎知識 > 爪の変色原因

爪の色でわかる様々な健康状態

爪の異常と病気の関係は、爪は健康のバロメーターとも言われるように、昔から爪で健康状態や病気がわかると言われています。
爪の色や形の変化である程度の病気の診断ができることから、毎日爪の状態をチェックしていれば病気の早期発見につながります。

健康な爪は、薄いピンク色をしていて表面も滑らかでツヤがあります。しかし爪が白・赤・黒紫・黄色・緑色っぽく変色していたりすると、何らかの病気の可能性があります。

爪が白くなった場合、一般論でいうと、貧血の症状が考えられます。
そして、白色の斑点がある場合は、過労が原因で神経衰弱が起こっている可能性があります。
白く濁っている場合、肝硬変や腎不全など、肝臓の病気や糖尿病などの内臓の病気が疑われます。

爪の色が赤い場合は、多血質や赤血球が増加している可能性があります。太った方に多いとされ、脳溢血心臓疾患に注意しなければならない場合が多いです。
同じ赤でもとくにお手入れもしてないのに、光沢のある赤い爪は、甲状腺の機能が旺盛である可能性があります。

黒っぽい紫色の爪の場合、悪性貧血心臓病の疑いが、また肝臓や腎臓の機能に関わる病気が考えられます。
10本の指全てが黒くなる場合、アジソン病や副腎皮質の病気などが考えられます。

黄色の爪の場合、新陳代謝低下、リンパのトラブルや内臓の病気の可能性があり、
ほかにも肺や気管支の病気や甲状腺疾患などの病気のほか、爪甲剥離症、黄色爪症候群、カロチン血症、爪白癬なども疑われます。

緑色に変色してる場合は、緑膿菌など細菌に感染している可能性があります。
緑膿菌は、消毒や抗生物質に対して抵抗力が強いため、治療が困難であるとされています。

▲ページトップに戻る