TOPページ > 基礎知識 > 爪が緑っぽくなる原因

何が原因?緑色っぽい爪のサイン

爪の色が緑色をしている場合、緑膿菌に感染している可能性があります。

緑膿菌は、消毒や抗生物質に対して抵抗力が強いため、治療が困難であるとされています。
また、後天的に薬剤の体制を獲得したものも多いのが特徴です。
緑膿菌は緑色の色素をもつ細菌のため、爪の色が緑色に変色したように見えます。
緑膿菌は、最悪の場合には爪を失ってしまう場合もありますし、体内に入り込んでしまう可能性もあります。体内に感染してしまうと、
角膜炎や外耳炎、発疹、肺炎、肺血症などの感染症を引き起こしてしまう可能性があります。
緑膿菌敗血症での致死率は約80%とされているため、十分に注意しましょう。

そして、爪白癬や爪カンジダ症などの爪の病気があると合併しやすいと考えられます。
ダメージを受けた爪の間には雑菌が入り込みやすくなっているため、その細菌特有の色が爪に現れるようになります。
人工爪や付け爪をすることにより、爪甲との間にすき間があると、そこに緑膿菌が感染して緑色になることがあります。
近年、過剰なネイルアートによって爪がダメージを受け、雑菌が入り込む機会が多くなっています。

緑膿菌は、湿った環境で増殖するので、変色してしまった爪の周りを清潔に保つように心がけ、十分に乾燥させるようにしましょう。
爪白癬や爪カンジダよる着色は、それらの病気を治せば治ります。
ネイルアートによるダメージは、それらを取り除かないと治りません。なお、緑色に染まった爪甲は、爪の成長につれて前方に移動し、消えてしまいます。

★カンジダ対策には乳酸菌がいいらしいです。
カンジダは真菌というカビの一種らしいですが、カンジダ菌が暴れないようにするには、乳酸菌サプリがおすすめという情報が散見しています。
「乳酸菌 サプリ」で検索した結果一番多くの製品を紹介していたのがこのサイトでした。 

▲ページトップに戻る