TOPページ > 基礎知識 > 爪水虫(白癬菌)とは

かゆみは全くないけど見た目がかなり変化する爪の水虫

爪の水虫のことを爪白癬(つめはくせん)といいます。
白癬菌というカビの一種で、水虫の原因の菌です。
足の水虫と同じ菌であり、足にいれば足白癬、爪の中にいると爪白癬と区別されています。水虫と同じく感染症で、爪の病気で一番なりやすいといわれています。
白癬菌が爪の中に侵入し、菌糸を作って増えていくと、爪水虫となります。白癬菌はあたたかく湿った場所が好きなので、足の爪に症状があらわれやすいものです。

爪白癬の症状は、爪の表面が乳白色や黄色っぽく濁る、爪がボロボロにもろくなる、爪の形が厚く変形します。
そして、肌の水虫は非常にかゆいものですが、爪水虫はまったくかゆくありません。見た目がかなり変わってしまうことが、爪水虫の症状の特徴といえるでしょう。
日本人の5人~10人中1人が水虫と言われているので、近い確立で爪白癬である可能性があるのですが厄介なことにかゆみがないので、気付かない事も多々あるようです。

爪白癬は繁殖していくと、身体のあちこちで水虫を引き起こします。
足の水虫がかゆくて手でひっかいているうちに、手の爪水虫になってしまう方も多いです。
爪白癬は感染症であるため、そのまま放置しておくと身近な人にも感染してしまいす。

家族に水虫の方がいる場合、その家族全員が水虫や爪白癬になる可能性が高くなります。
しかし、水虫や爪白癬の人と同じお風呂に入っても、感染することはありません。確かに可能性はありますが、お風呂から出て、しっかりと足の水気をとり、乾燥させれば問題ありません。
爪水虫の治療では、塗り薬や飲み薬を使います。爪水虫を引き起こす白癬菌は、爪の奥深くにひそんでいます。
皮膚科に処方してもらった薬を使っても、完治するには6ヶ月から10ヶ月ほどかかります。

▲ページトップに戻る